願ったことは叶ってきた

最近、SNSでつながっている方が、

『改めて考えてみると、自分自身が願ったこと、望んだことはすべて叶ってきた
その時にはそれが実現するとは思わないことも、時間が経って、今、気が付いてみると、叶ってしまっていた』

というようなことを書かれていて。

振り返ると、私自身も自分自身が望んだことは大抵実現しているように思うのです。

その実現のためのエネルギーの大きさって、人によって違うように思うのだけれど
(叶えるためのエネルギーや、願望実現のためのテクニックなどに関しては、いずれワークショップとかセッションとかで扱うかもしれない)

想いの力というのを実感したことというのが、私にもあるのです。

かなり前の話だけれど、イタリア留学の最初の1か月目くらいに、住んでいたペルージャから少し離れた町に観光に行きました。

その時に、その街の美しさ、その街にある建築や芸術や街並みがとても気にいって。

こんな街に生まれるって、その街の歴史を背負って生まれてくるようなものだよな
古い伝統とか、街の歴史があること
ただ、東京に移住してきた親から生まれて、東京の人になるのと、その人の背景となる豊かさ自体がまったく違うよな
私自身にはそういうものはないけれど
そういうものをうらやましく思う
そして、そんな街にうまれてきて、この街の住人になれたら
それを自分は誇らしく感じるのだろうな

なんて思ったことがありました。

結果的に、その数年後に、まったく意図せず、その街出身の人と結婚したわけで
自分が留学したての頃にあこがれた町との縁ができたわけなんですが
私はそれをあの時そんな風に思ったからだと思っているのです

ほんの少しだけそんな風に思っただけで、それを引き寄せたと考えると、ちょっと恐ろしくもあり…
簡単に、そういう人生を左右させるような願いを考えると危険だなとも思ったり。

私の人生の中で、あの場所に行ってみたいとか、あれをしたいと思ってきたことは、大体、それが実現してきた感じです。

以前、ブルース・モーエン・メソッドも、イタリアでワークショップをできたらいいよな、なんて思っていたけれど。
自分自身でいろいろ始めるのにはハードルが高いよなって思っていたら、イタリア側のオーガナイザーの人に声をかけてもらって
今度、イタリアでワークショップを開くことになりました。

本当のところ、その背景には、ガイドの陰謀があって
イタリアでブルース・モーエン・メソッドを広げるために、私という魂を、トレーナーコースが開かれる日本に生まれさせ
イタリア語を学ばせ、それをサポートするような環境を整え
そして、イタリアで唯一、レベル4まで開催できるトレーナーとして送り込もうとしていたのではないかなと思ったりするのです

今回はレベル2なのですが、レベル2の後にはレベル3や4があるわけで。
今後、日本でトレーナーをする以外に、イタリアでもワークショップを開く流れになっているのかもしれず。

実は、来年くらいには今住んでいる家を出て、地方に移住するか、イタリアに移住するか、迷っている部分もあり
このイタリアに住んで自分のペースで仕事をするというのも、ずいぶん前に私が望んだことだったというのを思い出すと
そういう流れになっても何一つおかしくはない状態。

 

何かをしたい
こうありたい

そういうことを思ったり感じた時。

今の自分の状態や環境では、難しいからできっこない

とか

それは、現実的ではなくて、夢物語のようだからかなわない

とか

家族や周りの人に反対される、批判をされるから

というような理由であきらめてしまったり、その気持ちを否定したりしてしまう場合もあるかもしれません

でも、

私の人生は私自身のものであり
あなたの人生はあなたのものであり

人生の主人公は自分自身でしかないというのを考えるならば

やらないで後悔するよりも
力を尽くしたうえで、うまくゆかないことを悔やむことの方が
自分自身の人生を生き抜いたようにも思うのです

実現するのが難しい場合でも、

どうすればそれが実現できるのかを心の中で常に問いかけ続けるとか
わずかでもそれに向かって、何かのアクションを起こすとか

現実的でない場合ならば、

なぜ、それが現実的ではないのか
どうすればそれが現実的になるのか

ということを探り続けるプロセスが大切です。

さらには、それをするのだと思い続けることが、現実化に向かう流れを作りだすのです。

無理だと思うことも。

何年後かには叶う未来の予定なのだと信じ、多少でもそれに向かって行動すること

それ自身が、自分の変化や成長にはなるし、そこからまた生まれ出るものもあるのです。

それがたとえ失敗したとしても。

何もしないで、そのままの状態で不満を抱えてくすぶるより
少しは頑張れた自分をほめることができるかもしれない

それ以上に、その過程で何かの学びや何かの収穫があったはずだと思うのです
きっとそれがあなたの資産、強みになるはずなのです。

Follow me!

0

関連記事

  1. 瞑想の仕方【日々の内省】

  2. 質問リストについて

  3. 瞑想の仕方【過去生を探る。なんちゃってブライアン・ワイス式】

  4. ガイドとハイヤーセルフとサブコンシャス

  5. 瞑想の仕方【ハートの瞑想】

  6. 特別を求めない

  7. 霊臭(非物質の香り)

  8. 本棚写真

    QHHT関連の本

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
ツールバーへスキップ