ブルース・モーエン・メソッド・レベル1-2終了

3日より開催していた、ブルース・モーエン・メソッドのワークショップのレベル1-2連続開催が無事に終了しました。

いつも、ワークショップの写真を撮り忘れてしまうのですが、4名の少人数で、対面とZoom合わせた開催でした。

ワークショップでの説明項目の規定をきっちりとこなし、漏れもなく
そのうえで、エクササイズをすべて行い、レベル2最後の写真の故人の訪問のエクササイズも3回行うことができました。

ブートキャンプ的な感じかもしれませんが
ワークショップの雰囲気自体は和やかで、楽しみながらやる感じで
途中、休憩時の雑談もブルース・モーエン・メソッド関連から、スピリチュアルな様々な話題も出て
ランチを外に食べに出たりと
時間という概念が消えたようなワークショップでした

もちろん、参加者全員の体験も充実していて、多くのヒットと、参加者同士のシンクロも続いて
開催している私も驚きの連続でした

実は言うと、昨年の同じ時期に、大阪でワークショップを開催していたのですが
その時の参加者の方が、毎回、ワークショップの練習参加に来ていただいていて
毎回、知覚が上がっていっているということがあって

一年目の今回のワークショップで、【継続は力なり】というのを体現していらしたように思うのです

何かのスピリチュアルなメソッドを学んだとしても
多くの人が

時間がない
忙しい

というのを理由に、練習をしなくなってしまうように思います

自分はその才能がない
自分には向いていない
メソッドがよくない
ワークショップでの説明がよくない

という結論をすぐに出してしまって

そのあと、一切やらなくなってしまうとか
他のメソッドを渡り歩いてジプシーになるというパターンがよくあるのですが

どんなメソッドをするにしても
手順や考え方を覚えたり身につけるまで
慣れるまで、コツをつかむまで

ある程度の練習、訓練は必要

その手間や、労力や、時間を惜しむならば
どこに行こうとも成果を上げることはできないのではないかと思うのです

人というのは安きに流れる傾向がある

というような話が今日のワークショップの最後の方で、受講生の方からも出てもいました

毎日ではなくても
適当でも構わないから

継続してゆくこと

というのを実感したワークショップでもありました

Follow me!

関連記事

  1. イタリアのワークショップでヒットが大量生産になる理由

  2. IFSとブルース・モーエン・メソッドの類似性②

  3. なぜ、ジャンヌ・ダルク過去生の人が何人もいるのか?【動画アップ】

  4. 波動に関するYoutube動画3本

  5. イタリアのブルース・モーエン・メソッド・レベル3ワークショップを開催中…

  6. 前世へのヒントはどこにある?【動画アップ】

  7. ヒーリングタッチ・アドヴァンスⅠ

  8. 雨と桜と戦争

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
ツールバーへスキップ