母が倒れた当日:2020年7月8日

2021年のグリーフケア・アドバイザー1級取得にあたり、私自身が2020年8月末に母の突然の死を経験し、そのグリーフを抱えたままであったということがありました。
2020年7月8日朝、ゴミ出しで外に出て、転倒し、頭蓋骨骨折とくも膜下出血で緊急搬送され、1か月半の闘病生活ののち、享年87歳で亡くなりました。
Covidー19下。
その記録と私自身の心の動き、私の周りで起こっていたことなどを記録しています
(アメブロにリアルタイムで公開した日記を修正、内容に手を加えたうえで投稿しています)

2020年7月8日

週末に病院に行った時、Covid-19で家から出ることが少なくなっていた母の足腰が衰えていて
畳の部屋で立ち上がる時にふらつくので、歩いたりするのには問題がないが、若干、介助が必要かもしれないとは思っていた

しかし、この日の朝、ゴミ出しに出た母は、家の前の段差でつまづいて転倒。
手をついて倒れればよかったのだが、頭を直接アスファルトの路面に強打。
ちょうど、外に出た姉が道路に倒れている母を見つけて、救急車を呼んだ。

救急車が来てから、家の前で受け入れ先が決まるまで救急車が1時間ぐらい止まっていた
最終的に最寄りの大学病院の診察歴があったので、その救急窓口に搬送されそのまま入院となった

母がどうなるかわからず書いた記事

母が今朝、倒れたことを書いたのだが
くも膜下出血で、重篤とのこと

手術をするかしないかもわからないが
手術をすれば助かるかもしれないし
それでも要介護5位の寝たきりになる可能性が高いらしい

意識が残るのか
完全にあっちに意識がいってしまうか

助かっても、排泄、食事、すべてを世話しなくてはいけない状態になる可能性がある

しなければ急変してなくなるかもしれない

本人は終活は一切してない
いざというときにどうしたいのか、まったく語ることがなかった


少し時間があいて、お医者さんから話があったが

手術もできなくて
今日明日で亡くなる可能性もあるとか

いきなりのことで
ショックを感じる

でも、胸は痛いんだが、泣けない私だったりする。

魂は永遠に続くとしても
家族のことになると、理性でどうにかなるわけではない

いつ急変するかわからない
すぐにもなくなってしまうかもしれない
それを考えると寝ることができず
悶々とする夜を過ごす

Follow me!

関連記事

  1. 山形の施設に転院が決まる:2020年8月5日

  2. 救急救命センター二日目:2020年7月10日

  3. グリーフケア・アドバイザー一級の修了書

    グリーフケアアドバイザー1級になりました

  4. 死を前にした準備:2020年7月14日

  5. 死後の真実

    キューブラー・ロス博士の「死後の真実」

  6. Going Homeを用意する:2020年7月10日

  7. 自宅に戻るも不調が続く:2020年8月18日

  8. 母の手。この瞬間を大切に。:2020年7月20日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
ツールバーへスキップ