自作酵素シロップはどうでしょう?

先日、長野のファスティング施設でファスティングをしてきたばかりで
そのあとのウェイトコントロールを真剣に考えています。

伝統発酵醸師になるための勉強をただいましているわけなので
発酵食品の味噌や醤油の手作り、そして麹を自分でおこすことを実践しているわけなのだけれど

それと少し近い感じで酵素シロップの手作りも考えてみたのです

ファスティング中は、朝は酵素ドリンク、昼と夜がスムージーだったのですが、それを自分で手作りして、たまにそれと置き換えるのはどうかと思って。

そして、酵素ドリンク用のシロップ。

ネットで販売しているところもたくさんあるけれど、自分でも作れないかと調べてみたのです。
そうしたら、ネットにたくさん情報がありました。

いろいろ見た結果、私も材料をそろえて、酵素シロップを仕込むことにしてみました。

材料は、

★(できる限り無農薬の)季節の果物など 1キロくらい
無農薬でない場合は、重曹を解いた水に1時間ぐらい浸しておくとよいらしい

★砂糖(てんさい糖) 1キロくらい

  1. ガラス瓶を煮沸消毒
  2. フルーツの皮をむいて、カットしておく
  3. ガラス瓶に、砂糖、フルーツ、砂糖、フルーツと順番に詰めていって、最後を砂糖で終わらせる
  4. 毎日、瓶の中をかき混ぜる
  5. 10日くらいでできる。発酵して泡が出てきたらよいらしい
  6. 果物などを濾して、液体を別の瓶にいれて、冷蔵庫保存

という感じのようです。

砂糖の量は、果物に対して1対1.1のようなのですが、私は少なめにしました
砂糖が発酵するにしたがってブドウ糖に変わるとか。
どちらにせよ、取り過ぎはあまりよくない部分はあるので、このシロップを炭酸などで薄めて飲んでゆく感じかな。

米などを食べないならば、脳への栄養として、ブドウ糖は必要ですしね。

今回使ったフルーツは

メルカリで、無農薬栽培の、キウイとセミノール
無農薬のりんご
減農薬の生姜と甘にんじん
台湾パイナップル

を仕入れて、入れてみました。

今後、ハーブのシーズンになったら、ハーブを入れてやってみることも考えています

そして、酵素シロップを、素手で常在菌を入れながらやるというレシピもありましたが

私個人的には、食品衛生管理的にはアウトだと思うのです
なので、私はさじで混ぜてゆくつもり

完成は10日後くらいなので、完成品に関してをまた記事にあげるつもりです

Follow me!

関連記事

  1. リモンチェッロの仕込み

    Crema di Limoncello(リモンチェッロのクリーム味)

  2. 白醤油を仕込んだ直後

    白醤油と米麹づくり

  3. 【私】について②

  4. 【私】について①

  5. 作った白味噌

    白味噌をつくって来ました

  6. ひよこ豆三昧

  7. ひよこ豆のお味噌を仕込んだところ

    伝統発酵醸師®講座でひよこ豆のお味噌を作る

  8. ブルース・モーエン・メソッドを学んだいきさつ①②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
ツールバーへスキップ