サトルアロマセラピーの感想:SAWAさま

サトルアロマセラピーは面白かった

こころと体の結び直すセラピスト*SAWAさまにサトルアロマセラピーのセッションの感想を頂きました。
ボディーワークと心のセッションをされていて、レイキもされているプロの方です
セッションをしていた私もその場でのフィードバックが大変勉強になりました

実はいうと、セッションもワークショップも、まったくスピリチュアルが初めての方もいらっしゃいますし、プロの占星術師さん、ヒーラーさん、チャネラーさんなども多かったりします。

個人的には、ヒーラーさんのメンテナンスもできるヒーラー役になれたらとは思いますが、学ぶことはまだたくさんありそうです。

以下、許可を頂いておりますので、感想をほとんどそのままコピペでご紹介いたします

引き続き、セッションのご予約を頂いており、今後のセッションは私もとても楽しみです。

ありがとうございました。

準備は聞き取りとホワイトセージ

リラックスして、気になることなどを聞き取りしていただきました。

私にとって初めてのホワイトセージが漂い、水晶ペンデュラムでダウジングされてるような気配がありました。
目を閉じてるのでどんな順番でなされるのか分かりません。

私がまず感じたのはハートチャクラです。

ハートチャクラに黒い穴があるのに気がつきました。
ググっと押される感じです。
その穴の周りに沿ってエネルギーがクルクル回るのでいい感じです。

たぶん他のチャクラにもアプローチされたのでしょうが、私はよく分かりませんでした。

サトルアロマセラピーの始まり

第1チャクラに該当するエッセンスをサーブされるのですが、すぐに匂いが立ち昇ります。
強烈で「凄い」としか言えません。

Heleneさんのガイドによって、荒野が見えました。
立ち枯れてる大木が一刀彫の荒々しい彫刻みたいに何本も立ってます。
荒削りのエネルギーって思いました。

「子宮がビリビリします」と言いますと
「子宮は第2チャクラで、第1は尾てい骨です」と言われ、確かにそうだって思ったのですが、チャクラの部位を感じられませんでした。
(これは今後の課題ですね)

次に第2チャクラです。
第1チャクラと違う性質のパワフルさです。
言葉にすると「凄いな」。
子宮あたりがビリビリです。
揺り動かされる感じです。
ずっとこのまま受け取りっていたい。。

第3チャクラに移るとトーンダウンしました。
「なにも匂いません。なにも感じません」と言っちゃいました。汗

でも暫くすると流れていくのを感じました。
お腹が鳴って腸が動きます。

Heleneさんが「1と2を制御してる。手綱・・」

って言われたのかな。
すると胃のあたりから腹大動脈が2本に分かれるのと同じように、手綱が2本左右に分かれて制御してる感じです。
(今思うと、カモワンタロットの7戦車の感じです。左右の馬を制御してます)

落ち着いた穏やかな流れで一息つく感じです。

第4チャクラは、ある意味よく使いますし気にしているところなので、いつも通りって感じでした。
驚きはありません。
Heleneさんのイメージを有難く受け取りました。

第5チャクラはまた独特でした。
懐かしい匂いのような。思い出す感じです。
でも声がかすれます。

Heleneさんに「身体と頭の境界線で分断してる」と言われ、首が外れる着せ替え人形のビジョンがきました。
人形は首がちゃんと合わさってなくて、身体が向いてる方向と顔の向きが違ってます。

それに気づいて話している間に、徐々に同じ方向になっていきます。
声も出しやすくなってきました。

ヒーリングされていく実感です。

第6チャクラはまた不思議でした。
匂いと共に、今まで感じなかったHeleneさんの指の温もりを感じたのです。

今までは植物と私の会話をしてたのが、一気に他者性の人間の存在を感じたのです。
他者の存在を感じたのです。

第6チャクラだから「見える」感覚なのかもしれないと思いました。

最後の第7チャクラはあまり感じませんでした。
柔らかすぎるのでしょうか。

それでもゆっくりと待っていると全体に流れる感じがします。
全身が伸びていくような、伸ばされてるような感じでした。
まぁ穏やかです。

Follow me!

関連記事

  1. すでに亡くなっている方と穏やかな別れをする誘導瞑想

  2. ヘルパーをどう捉えるか?

  3. D.ホーキンス博士の意識レベルについて①

  4. 誘導瞑想が体験できない【動画アップ】

  5. 二つの地球とアセンション

    二つの地球とアセンション【動画アップ】

  6. 車山神社

    車山神社とスキー

  7. 瞑想の仕方【日々の内省】

  8. ガイドとハイヤーセルフとサブコンシャス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
ツールバーへスキップ