自宅に戻るも不調が続く:2020年8月18日

2021年のグリーフケア・アドバイザー1級取得にあたり、私自身が2020年8月末に母の突然の死を経験し、そのグリーフを抱えたままであったということがありました。
2020年7月8日朝、ゴミ出しで外に出て、転倒し、頭蓋骨骨折とくも膜下出血で緊急搬送され、1か月半の闘病生活ののち、享年87歳で亡くなりました。
Covidー19下。
その記録と私自身の心の動き、私の周りで起こっていたことなどを記録しています
(アメブロにリアルタイムで公開した日記を修正、内容に手を加えたうえで投稿しています)

2020年8月18日自宅に戻るも不調が続く

この前日に、山形を離れ、自宅に戻ってきていました。
転院した当日は、母が病室に入るのを見届けて、そのあとでしばらく母の部屋にとどまって様子を見ることができました。
しかし、その後、出発まで、新型コロナの影響で面会はできなくなっていました。

ただ、帰宅当日に、特別に許可が出て、短い時間面会をすることができました。
結局はそれが生きている母を見る最後の機会となってしまいました。

17日に、自宅に帰ってきたものの、そのあたりから頭痛がひどく、くらくらしていました。

暑さのせいとか、疲れのせいとか
運転での眼精疲労とか、夏の日差しが目にかなり痛いとか

さまざま原因はあったかもしれませんが

実は、胸の辺りに痛みがあるときもあって
これが、なぜだか、娘も、私の姉も同じ場所に痛みを感じていたので、何かあったのかもしれません。

みんな心労が重なって、疲れていたというのは確実に会ったとは思いますが
何か母の体調の変化を体が感じていた、のかもしれません

母の容体とはあまり関係ありませんが、この時期に娘が不登校だったり、自殺未遂を起こしたのの原因は

今の学校システムがあまり合わない
先生との相性と学校の対応の悪さ
学校内でのいじめ

などの外的な問題が主な原因にあったのだけれど
それ以外にも、

いやなことがあったときになかなか気持ちを切り替えられずに引きずる
よくない方向に考えてしまう
打たれ弱い

というのもありました。
そのため、ストレスに対しての対処方法としてタッピングはどうかと思い、この時期、二冊の本を購入しています。

私自身が、2012年頃にある方からタッピングを紹介されたのですが
その後、母が倒れる前に、別の方からセッションの中でタッピングの手法が使われたこともありました

体のつぼをとんとんたたくだけで、ストレスや不安やトラウマなどが和らぐという
簡単で、お金も薬も要らない療法なので
子供には勧めやすいですし
また、病を抱えたご家族がいらっしゃる方やグリーフを抱えている方にはお勧めかと思います

本の紹介から

「うつ、恐怖症、不安、PTSD」の画期的療法として注目されるタッピング(TFT&EFT)の入門書。

からだのツボを叩いてこころの問題を緩和する療法、「タッピング」を知っていますか?
からだの疲れや病気に、なぜか「ツボ」が効くようにこころにも効く「ツボ」があるといわれているのです。

本書は、アメリカで人気臨床心理士として活躍する著者が、西欧医学ではまだ解明できないながらも“なぜか効いてしまう”タッピングを、とにかく今困っている人に役立ててほしくて書いた実践の書。

後遺症もなく、高額なセラピーやセミナーに通わずとも「自分でできる」点が最大の特徴。
これ一冊で、簡単に試してみることができます。

 

本の紹介から

簡単なつぶやきをしながら八か所のツボを軽く叩くだけで問題が解決する。

PTSDや恐怖症に効果を発揮する心理療法を易しくガイド。

欧米を中心に大注目を浴びている画期的な心理療法を実践的かつユーモラスに紹介。

心身にまつわる様々な不調・不安を瞬く間に改善する驚きの手法「EFT」とは。

今こそタッピングを始めるときです!

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 娘にも影響が出た:2020年8月4日

  2. グリーフケア・アドバイザー一級の修了書

    グリーフケアアドバイザー1級になりました

  3. Going Homeを用意する:2020年7月10日

  4. 今日は母の命日

  5. 死を前にした準備:2020年7月14日

  6. 葬儀手配:2020年8月24日

  7. イタリアでブルース・モーエン・メソッド・レベル2ワークショップを開催

  8. 母が倒れる前夜:2020年7月7日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
ツールバーへスキップ